縁起菓子

福徳

上は金沢の諸江屋さんのお正月のお菓子「ふくとく」。
地元では「ふっとこ」とも呼ばれるようです。
中から郷土玩具を模した金花糖や本物の土人形が出てくる楽しいお菓子。
鯛車、起き上がり、天神さま、瓢などなど。

古い福徳人形
古い土人形。富山土人形といわれている。

中に土人形もですが、砂糖人形(金花糖)が入るところがお菓子なところ。
昔はほかのお店でもつくっていたそうです。
下の「こまいぬ」と「福助」の金花糖は金沢の越野さん製。やはり福徳に入れていたものだそうです。


自作の玩具菓子。左の戌のまゆだまには「こまいぬ」、右の打出小槌のまゆだまには「福助」の金花糖などを入れて。

  「いとおかし」目次へ
  目次へ
「玩具菓子」目次へ
  「玩具菓子」へ
更新順で次のページへ
  次のページへ
2001.5 * 2007.10 更新