京都三宅八幡の土の鳩と餅の鳩

京都の友人と一緒に、何も行事のない日に訪れた三宅八幡はひっそりとしていました。
あちこちに土鳩を見つけて喜ぶ私に、子どもの頃からたびたび来ている友人はちょっと不思議そうでした。

子どもの癇の虫に効くといういわれのある八幡さまだそうで、
こうして、祈願していかれる方たちがいらっしゃるのだなぁと思うと
土鳩はまだ玩具というより、お供物的な存在としての機能も果たしているようです。

参道脇の茶屋でつくって売られていたという鳩餅も、今は大きなお菓子屋さんが後を継いだとのこと。
ぽってりとした可愛らしい形の鳩餅です。
土の鳩を供え、餅の鳩を食べることによって、ご利益にあずかるのでしょうが、
どちらも愛らしい、八幡さまのお使いですね。





この頃はデパートでも箱詰めが買えるようです。


友人は修学院の双鳩堂さんの鳩餅も教えてくれました。
こちらのお店は、日常のお餅類がおいしく、人気です。

「玩具菓子」目次へ
「玩具菓子」目次へ
2008.8